2017年12月04日

定年後の再雇用、ボーナスが出るって本当ですか?しかもそこそこ


こんばんは、ともやんです。

12月に入ってから晴天が続いています。
今年は、10月、11月と特に週末に雨というパターンが多く、
少し気が滅入り気味でしたが、11月も終わりになってから、
すかっと晴れた日が続いて、いままでの鬱憤を張らしてくれます。





再雇用契約には賞与ありと記載あり


僕は今年9月末で定年になり、10月1日からは、嘱託社員として
再雇用契約をしています。

9月に入り、会社から提示された条件は、悪くも良くもなく、想定内のものでした。

ただ契約書に書かれていることで、意外だったのは賞与ありと書かれていたこと。

一瞬、質問しようかなと考えましたが、思いとどまりました。

賞与がでることは良いことに決まっているので、あえてそこにスポットを当てなくて
いいと思ったからです。

しかもいくら出るんですか?
なんてその場では、会社も答え辛いと一瞬思ったので、やめたのです。

ボーナス額の提示がありました


上司から、「冬のボーナス」についてというタイトルのメールが来ました。

最初は、ボーナス全体についての総評のようなものかと思っていました。

しばらく経ってから、まあ、開けてみるか、と開けてみてびっくり、
僕だけへのメールで、今月20日に支給されるボーナスの金額が書いてあったのです。

僕は、再雇用の契約書にボーナス支給と書いてありましたが、現役時代の何分の一くらいだと思っていました。

しかし、金額はほぼ拠点と同程度の金額だったのです。

そうなると再雇用も悪くないな、ということになりました。

ただ、今回の評価対象期間は、私の現役時代最後の方なので、
つぎの夏のボーナスは、覚悟しておいた方がいいね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。
posted by ともやん企画 at 22:59| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

ビジネスメールのアドレス順位って気にしていますか?


こんばんは、ともやんです。

さて、ビジネスメールは、今は当たり前の時代、
というかほとんどメールでのやり取りで、電話のその補足に使っています。

いやいや、メールが主体にってももう20年近く経って、
いまや電話で出られない新人や若い社員がいるくらいです。

そんなメールが普通の時代に、いまだに僕はちょっと考えてしまうことがあります。
それは宛先の順位なんですね。





メールの順位を気にし出すと悩む


職場で、社内メールが導入されてから、もう20年ほど経つでしょうか?
時を同じくして携帯電話も支給されましたね。

当時僕は、営業でありまた管理職でもあり、はたまた国内外の取引先とのやり取りも
多かったので、キーボードを使うパソコンからのメールが多く、
どちらかというと携帯電話からのメールは、苦手でしたが、
営業の専業の社員は、ほとんど携帯電話のメールが主で、中には、
キーボードに慣れていない社員もいて、僕には不思議なんですね。

さて、ビジネスメールが当たり前になって、
取引先や社内でも特に役職者にメールをする時は、
メールの文章は、当然、役職の上の方から表示しますが、

最初の頃は、アドレスにはそこまで気を使っていなかったですね。

僕としてはメールの文章が、礼儀を尽くしているから、アドレスは、
アドレスでしかないから、そこまで気を使ってでしたが、
ある日、今は亡くなった先代の社長は、こういうのは、役職順が当然だろ、と
おっしゃったのでした。

先代の社長は昭和3年生まれ、戦前の教育を受けた方なので、
順位が適当なのが許せなかったのでしょう。

それから、僕はアドレスの順位を気にするようになりました。

a0001_017879.jpg

アドレス順位は気を使った方が無難


現在の僕は、役職者や取引先に送るときは気を使って、
役職順位、つまり偉い順にアドレスを指定します。

その以外は、どちらかというとあいうえお順だったり、
拠点別だったりとその場に応じた順位にしています。

損得で考えると、順位を気にする人は時たまいるので、
偉いもん順に並べるのが無難ですね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。
posted by ともやん企画 at 19:59| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

契約社員と言っても契約内容は人それぞれ


Screenshot_2017-10-03-20-45-19-1.png
※上野、不忍の池の蓮園
こんばんは、ともやんです。

僕が契約社員になったことで、
多分自分のたつ場所が変わったらか、
ものを見る視点が変わってきました。

例えば、残業や休日出勤に対してもそうですし、
他の契約社員の方々は、内容が一律ではなく、人それぞれであることが分かりました。

例えば、僕と一緒に仕事をしている女性は、
時間の明記がないそうです。つまり完全成果主義?

実際は、主婦ということもあり、10時から17時なんですが、
契約書に明記されていないと悪用されるんじゃないかと心配です。

僕は、契約書には労働時間を明記しないと気持ち悪いと感じます。

労働は、時間の切り売りですから、
成果だけだと、ブラックな企業なら、働かせるだけ働かせるだろうね。

雇う側の論理と雇われる側の論理は全く違うよね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。
posted by ともやん企画 at 20:49| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする